ホーリー祭に参加してきた。

ホーリーとは

 ホーリー(Holi)とは、ヒンドゥー教の春祭りです。ヒンドゥー教徒が全体の8割を占めるインドでは、春の訪れを祝い、誰彼無く色粉を塗りあったり色水を掛け合ったりして祝います。ホーリー祭はインドの三大祭りのひとつであり、インドが一年間で一番盛り上がる一日(2017年は3月13日)となるらしい。
 日本にもにたような行事として、2月3日に節分があります。節分は春を迎える立春の前日であり、「季節の分かれ目」と意味があります。「鬼は外~!福は内~!」という掛け声?はお馴染みです。
 ホーリーでは「ハッピーホーリー!」と叫びながら、色粉や色水を掛け合います。

参加してきました!

 とういうことで、ホーリー祭参加してきました。

ホーリー祭の日は大人も仕事を休み、各場所でホーリーを祝います。そのため、お店は日本の年末年始のようにほとんどが閉まっていました(チェーン店はしっかり開店していた)。

 私は若者が多く集まるインドの大学に突入してきました。


マッチョ多し。(笑)

色粉を売る子供たち。

インド人は踊りが大好き、そしてみんな上手です(笑)

お酒飲んでないのにこのテンション(笑)
日本人は途中疲れてついていけず、陰で見守ってました。

大学を休学してインド留学を選んだ僕のインド初日

いよいよインド留学が始まります。
特に緊張することはなく、実感があまりないままこの日を迎えました。

昨夜、家族に見送られ鹿児島空港、羽田空港、バンコク・スワンナプーム国際空港を経由して、インディラ・ガンディー国際空港に向います。

羽田空港で東京に就職した友達が見送りに来てくれました。
ビールを飲んで、カツオのたたき、おでん、やきとりを食べました。
インド行前、最後の日本食を堪能しました。

インドの空港に到着し、税関でいろいろ聞かれることを心配していましたが、一言もしゃべることなくあっさりとスルーできました。
空港で現地スタッフとの合流し、学校があるグルガオンに向かいます。

空港の外に出て、想像通りの汚い空気を吸って、インドに来たことを実感しました。

インドの交通状況

空港から学校のあるグルガオンに向います。
グルガオンに向かう車中で驚きの連続でした。
インドの交通状況やばすぎる。
信号無視。信号はないようなもの。
車線無視。車が多すぎて、3車線⇒6車線くらいに。。
クラクションの嵐。
車のボディぼろぼろは当たり前。
バイクはヘルメットかぶらない。
1台のバイクに3人、4人乗ることあり。
路上に牛。

インドを感じれて少し楽しい気分でした!

さっそくカリーを食べる

これから住むシェアハウスに到着し、荷物を整理することもせずに、学校の見学をしました。
その後、同じシェアハウスに住むインド人と早速、本場のチキンカリーを食べてきた。500₨(約850円)。インドではなかなか高級料理の値段らしい!

味は、、やはり食べなれている日本のカレーの方がよっぽど美味しいです。

これから、カレー三昧の生活が始まるのかな。