シドニーでマルチ商法に勧誘され、始めてしまった経験からの学び

こんにちは、いくらです。
今回は僕が初めてマルチ商法を始めたときのことについて書きます。

とは言っても、誰も勧誘せずに、2,3週間くらいでやめました。(笑)
しかし、マルチ商法を始める人の心理はよくわかるので、全くマルチ商法をやったことなくて、少しでも知らない人のためになればいいなと思って書きます。

[toc]

マルチ商法を知る

マルチ商法は昔からある合法的なビジネスであり、儲かる人は儲かるビジネスのようです。しかし、安易に手を出すと損をしてしまうことも多いので、マルチ商法について考え、自分自身で判断することが大切です。

マルチ商法とは

マルチ商法について知らない人は少ないと思いますが、 マルチ商法はWikipediaによると、次のように説明されています。

マルチ商法(マルチしょうほう、multi-level marketing)は、会員が新規会員を誘い、その新規会員が更に別の会員を勧誘する連鎖により、階層組織を形成・拡大する販売形態である。正式名称は連鎖販売取引で、その通称である。表向き合法であるマルチ商法を謳う組織でも、違法となるネズミ講と判断された事例も多い。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%81%E5%95%86%E6%B3%95

違法であるねずみ講とは違って、マルチ商法は合法なので、決して悪いことをしているわけではないので注意しましょう。

ねずみ講はお金のやりとりのみが行われるもので、マルチ商法は、間に何か商品を挟みます。商品を売るために、 会員が新規会員を誘います。
その売られている商品は、広告費や紹介料のような高額の費用が上乗せされて売られているので、実際の商品価値からかけ離れて高い値段に設定されています。

マルチ商法で儲ける仕組みについて知りたい方は下の動画が分かりやすいので、観てみてください。

モフモフ不動産 「 ①マルチ商法の仕組み~儲けるのは大変なので注意!信頼を損ねます。」

マルチ商法との出会いは母

まずマルチ商法との最初の出会いは、実は母がやっていたことでした。最近始めたわけではなくて、ずーと昔からやっていました。(笑)

小学5,6年生くらいの家庭科の授業で、「クーリングオフ」などの消費者金融法とか悪徳商法について勉強しているときに、「マルチ商法」や「ネズミ講」についても習ったのを覚えています。
そのときの家庭科の先生が授業中、 「悪徳商法には十分気を付けてください。」と先生が言っていたような気がします。

同時に、 「マルチ商法で有名なものにA社があります」って言っていて、そのとき、「あ、お母さんがやっている。」とそのとき初めて、母がマルチ商法に関係していたことを知りました。 当時からうちには、A社の商品が家にたくさんあったので、「母さんやばいんじゃね?」と心配に思って、「大丈夫なの?」と聞いたら、「商品の品質が良いから大丈夫」と自信を持っていました。

子供のころだったので、母が大丈夫というなら悪いことじゃないんだろうなと思っていました。

でも、今思えば、もちろん悪いことをしてるわけではないけど、綺麗に洗脳されているんだなという風に感じます。

マルチ商法を一度やってわかったこと

マルチ商法の勧誘と思わせずに勧誘してくる

子供のころからマルチの商品を買っている人が身近にいた僕は、マルチ商法に対してあまり悪いイメージはありませんでした。
何せ、一番身近な存在の親がやっていたんですから。(笑)
そんな僕もつい一年ほど前、マルチ商法の域に踏み入れました。

それはシドニーにいたときの話です。
本来、学生がマルチ商法を行うことは法律で禁じられています。 それはオーストラリアでも同じでしたが、大学は休学していたし、日本の大学だし、大丈夫だろうということで紹介された人には隠して始めました。

Meetupというアプリから、「若者で集まってビジネスアイディアを語り合おう」という感じのテーマで集まるコミュニティを知り、それに初めて参加したときのことでした。

当初そのコミュニティに参加した目的は、英語を使う環境で仕事を探すために、会社を始めたいというビジネスマンと出会い、仕事(インターンorバイト)を紹介してもらうことでした。

そこで、一人のベトナム人と話している中で、
「今やっている健康食品関連の事業の新しいブランチ(支社、支店)を立ち上げることになったから、君の力を活かせる場があるかもしれない。とりあえず、一度事業について話を聴きに来て。」と言われました。

行ってみると、その仲間が5人くらい集まっていて、軽くお菓子を食べながら談笑したあと、事業についてプレゼンをしてくれました。

このプレゼンを聞いて、あ、マルチ商法の勧誘やと気づきました。

お金好きの人は要注意

プレゼンの中で必ず登場するのが、健康商品の説明とともに、不労所得、権利収入の話です。

グループの仲間になって、一緒に不労所得や権利収入で将来悠々自適な生活を送りましょうと語りかけてきます。もちろん、ただお金のためではなく、健康食品を自分が使うことで、自分は健康になり、紹介した人も健康になり、みんながハッピーになるという論理です。

商品の購入や入会に迷っていると、「ちゃんとサポートするから大丈夫」とかいろいろ説得を受けます。

僕自身、株とか不動産とかやりたいと思っているし、お金が大好きなので、この不労所得とか権利収入にはとても興味がありました。
なので、一度くらいやってみたら勉強になるかもと思って、高いお金を払いました。

健康関連商品が多い

マルチ商法は、紹介者が商品を紹介し、売る商法ですが、この商品は「健康に良いこと」を謳うものが多いです。

人間誰しも、健康でありたいと願っています。
先進国のような経済的裕福な国ほど健康志向が高いように、 金銭的余裕がある場合ほど、高いお金を払ってでも健康を買いたい人は多くなります。

しかし、 健康に良い製品を使ったり、服用したりしたからといってすぐに結果が見えるということはなく、実際にその商品によって健康に変化があったかを定量的に測ることは難しいです。

そのため、高価に見合った大した効果が得られない商品であったり、自分で少しも効果を感じなかったりしても、他人のみんなが効果あったと言えばそれを信じて、購入し続けることになるでしょう。

信頼を無くしてしまう

マルチ商法が世間からいいイメージを持たれない一番の理由は、「人からの信頼を損ねてしまうリスクが大きいから」です。

マルチ商法をビジネスとして行うには、人に商品を紹介し、自分のグループに入会させなくてはいけません。

そこで、まず自分が思いつく知り合いの名前を書き出し、その人たちを「お金や健康にどれだけ興味があるかのレベル」を3つに分けて、レベル別に誘い文句を教えられました。これを知ったときは、新たなマーケティング戦略を学んだ気がしました。(笑)

僕の役割は知り合いを、その誘い文句を使って仲間のもとの呼び出すところまで、と教えられました。丁度僕が仲間のもとに連れて行かれたように(笑)

そこから先の勧誘は、先輩方がやってくれるからと。勧誘された側ではわからなかったけど、勧誘する側になって見えるものがありました。


知り合いに商品を紹介するので、当然家族や友人たちの名前をリストに書いていきます。
しかし、知り合いに高額の商品を売りつけることになるので、ここで、やはり躊躇しました。

母は勧誘していなかった

そこで、母にマルチ商法を始めたことを正直に相談しました。
なぜなら、母はマルチ商法の先輩だと思っていたので。(笑)

マルチ商法は信頼を失うって言うし、悪いイメージがあるけど、母はやっているし、「大丈夫でしょ?どう?ぶっちゃけ信頼失う?」みたいなことを聞きました。安心したかったのです。

すると、母の回答としては、「お金儲けようとしてやるのは大変だし、信頼を失うリスクが高い」ということでした。
「でもやってるんでしょ?儲かってる?」と聞くと、
「紹介はしてない。自分で買ってるだけ」と言っていました。

つまり、母は自分が洗脳されて納得して商品を買っているだけで、人に積極的に紹介したり売ったりしていませんので、人から信頼を無くすということは別にないんだろうと思います。あくまでも「健康のため」であって、「紹介して儲けるため」ではないようです。

それを聞いて、なんか怖くなってしまい、最初に購入した5万円分くらいの商品をクーリングオフで返品して全額返済してもらい、誰一人誘うことなくやめることにしました。

まとめ

マルチ商法をはじめそうになったけど、途中でやめたという経験についてでした。
マルチ商法が絶対にだめだという風には言いませんが、
マルチの勧誘はほんとに身近に溢れているので、自分で判断できるようにしておくことが大切と思いました。

お金がなくても留学できる!留学費用をほとんど払わず留学する方法

「留学したい!」そんな風に思っている人は多いのではないでしょうか。
しかし、 留学したいと思うのに、実際留学できていないという人が多いのも事実だと思います。

留学できない一番の理由はやはり、留学費用が問題ではないでしょか。
私は1年間留学をしましたが、学費だけで150万円はかかりました。生活費を入れればもっと費用はかかります。 このように、留学期間によりますが、その期間に応じた多額のお金が必要です。

今回は、そんな、留学したいけどお金が。。という方におすすめの方法を紹介します。これは、僕自身留学に行く前には知らなくて、同じように留学している人から聞いた方法です。そんな裏技があったのかとびっくりしましたし、行く前に知っていればなと感じたので、これから留学を検討している方のために紹介します。

ずばりその方法とは、 「トビタテ!留学JAPAN」です。

トビタテ!留学JAPAN とは

「トビタテ!留学JAPAN」とは、2013年に文部科学省を中心として始まった官民協働の海外留学支援制度です。

国が学生に奨学金を出して、海外へ送るプログラムが「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」というものです。2020年までの7年間で約1万人の高校生、大学生を派遣留学生として送り出す計画です。

国から海外留学のための奨学金をもらえるプログラムになっています。この奨学金は返済不要です。

奨学金をもらうには

このトビタテ!のプログラムに参加して、奨学金をもらうには2つの選考を通過する必要があります。
1つ目は、留学計画書による書類選考。
2つ目は、面接です。
留学計画書はA4用紙4枚分くらい。面接審査は個人面接が30分、グループ面接が約1時間。面接官は協賛企業の人事部の方々です。

具体的な留学計画書の内容はわかりませんが、
・留学の目的
・留学によって得られるもの
・留学後日本にどんな良い影響を与えらるか
といった内容を述べる必要があるようです。
下の実際に選考過程を通過したの話を参考にしてみてください。

「トビタテ!留学JAPANって何がいいんですか?」【経験者が語る魅力】

トベタテ!が出してくれるお金

留学には
・渡航費
・保険
・授業料
・滞在費(生活費)
といったものが主にかかります。
トビタテ!はこれらの費用を負担してくれるんです。
渡航先によって支給額は異なりますが、トビタテ!からの費用だけで、私の友人は十分に暮らせていました。
インドに留学した場合の例がこんな感じ。
・留学先の授業料 5万円
・毎月の生活費 12万円/月
・渡航費の一部 10万円
・事前研修の交通費と宿泊費 約5万円

まとめ

トビタテ!から奨学金をもらうためには、選考を通過する必要がありますが、かなりのお金を負担してくれるので、応募しない手はないかと思います。

ちなみに、この選考は渡航先がマイナーな国であるほど、競争が少ないので、通過しやすいと友人が言っていました。これから留学を検討している人はぜひ応募してみてください。

【インド留学体験談】インド留学を決めた理由と行って良かったこと

インド留学を決めた理由

英語を勉強したかった

僕が留学したいと思った一番の理由は「英語を勉強したいから」でした。
だからって、なんでインド?と疑問に思う方がいると思いますが、それは後で話すことにします。

僕は子供のころから、家族で海外旅行に行く機会が度々あったり、父親が仕事で海外に出張しているのをみたりしていたのがきっかけで、海外に興味を持ち、英語を勉強したいと思うようになりました。
留学できるチャンスがあれば、いつかしてみたいと考えていましたが、ただ英語を勉強しに行くだけではもったいないなとも思っていました。

発展途上国で生活したかった

英語を勉強するなら、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスといった英語圏の国が真っ先に候補に上がるでしょう。

しかし、僕はこういった先進国ではなく、 あえて、日本よりも進んでいない国に行きたいと思いました。
幼いころから、日本のなに不自由なく生活してきたということもあり、一度は日本の生活では経験することない不自由な環境で生活してみたいという気持ちがありました。

プログラミングを学びたかった

高専の機械科から大学の機械情報工学科に編入して、ITの勉強を始め、楽しいと思うようになっていました。しかし、以前からプログラミングを勉強している人達に比べて技術が劣っており、追いつきたいという思いから、集中的にプログラミングを学ぼうと決めました。

インドに決めた理由

そこで、英語を勉強しながら、プログラミングを勉強できる学校がないか、探し始め、インドの学校に決めました。

インドの公用語はヒンディー語ですが、インド人は英語を上手に使える人が多いという情報を見たので、英語を学ぶ場としてありだなと思いました。
また、ITが強い国で知られており、英語を学びながらプログラミングを勉強できて、一石二鳥だと思いました。

インドは発展途上国で、日本に比べてインフラの整備進んでいなかったり、貧富の格差が大きく、飢えに苦しむ貧困層が多かったり、日本とはいろんな面で違う国です。 また、インドといえば、「カレー」のイメージしかないくらい、僕はインドのことを全然知らず、謎に満ちている国なので、単純に楽しそうと思いました。そもそもインドに留学に行くなんて聞いたこともなかったので、人と違う経験ができるんじゃないかとも思い、インドに行くことを決めました。

インドに留学して良かったこと

英語が話せるようになった

僕はインド留学前は全然英語が話せませんでした。日本でも特に勉強していなかったので、英語力は日本の大学生の中でも下から数えた方が早かったと思います。インド留学では2ヶ月間語学留学をしましたが、授業始まってからは怒涛の英語漬け生活で、授業中はもちろん一緒に住んでいたインド人やチュニジア人英語講師と積極的に関わるようにしました。

英語を本格的に勉強するのが人生で初めてだったのですが、スピーキングやリスニングは特に伸びを感じました。英語を話す、聞くことに関してストレスがなくなり誰にでも気軽に話しかけられるようになりました。

有効な学習方法としては、インド人と話している時に英語で言いたいけど言えなかったことをひたすらメモるようにして、後で意味を調べる。それを次の機会に使ってモノにしていくサイクルを高速で回しました。そうすると自分だけの単語帳ができるので、効率よく使うものから覚えられました。

たくさんの世界遺産を観光できた

インドは日本に比べて娯楽が少ないので、 休日にはよく観光を楽しみました。

インドは世界遺産の宝庫。インドは面積が広いこともありますが、たくさんの世界遺産があります。代表的な「タージマハル」は2回行きました。

世界遺産でなくても、インドは広いので都市によって、違ったインドを感じれて楽しいです。日本でも、地域によって雰囲気が違うのと同じです。

日本の豊かさを感じた

僕が通っていたインドの学校のすぐ隣には村のようなものがありました。そこの人たちは、おそらくガスがない生活をしていて、真冬でもため水を使って外でシャワーを浴びていました。
たぶんトイレもなくて、学校の上の階から茂みで用を足すのが見えていました 。
駅にはたくさんの人々が物乞いをしていて、日々生きるのがやっとの生活をしています。ある日には、駅で物乞いをしていた親子のそばで、その家族であろう小さい子供が飢死して転がっている姿を目にしました。

日本では見ない壮絶な光景を目の当たりにしただけでも、日本という国の豊かさを感じることができ、インドに来た価値があったと思いました。

まとめ

インドに留学した理由と留学してよかったことを書きました。
インドは留学先の国としてはマイナーな国ですが、他の国では経験できないことが多く、人と違う留学にしたいという方はぜひインド留学を検討してみてください。
また、インド留学について、質問があれば遠慮なくお聞きください。

あなたの給料はなぜそんなに低いのか?大学生が偉そうに解説します

こんにちは.先週卒論の提出を終えたばかりで,1週間後の卒論発表会を終えると,学生時代最後の春休みを迎えようという大学4年生です.
学生最後の春休みを終えると社会人になるという私が,給料についての考えについて,偉そうに述べてみます.

給料=あなたの価値?

理想の給料と現実の給料のギャップ

突然ですが,質問です.

  • あなたは年収いくらほしいですか?(理想の給料)
  • あなたの今の年収はいくらですか?(実際の給料)

現在の給料はあなたの価値?

ギャップを埋めるための課題を考えるために,まず,現在の給料が妥当であるか考えましょう.
ここで,また質問です.

  • あなたは自分にいくらの値札を付けますか?(自己評価の給料)
  • あなたの今の給料は妥当な額だと思いますか?(妥当性)

「自分にいくらの値札をつけるか」なんて考えたことがない人がほとんどではないでしょうか.しかし, 会社にとって,あなたに対して給料を払うことは,コストです.会社は,給料というあなたの価値相応の対価しか支払いません.こんなことは,働いている人なら誰でも考える当たり前のことでしょう.

ですから,現在の(実際の給料)は,会社があなたにつけた値段といえます.つまり,給料をあげるためには,自分自身の価格(価値)をあげていくしかないんじゃないでしょうか.

給料が高い人達

日本の平均年収が400万くらいと言われていますが,年収の高い職種は,医者,パイロット,弁護士,官僚,会計士,税理士などがあげられます.
こういった職種の年収が高いことは誰でも知っていると思います.

これらの年収が高いのはなぜか?
それは時給が高いからです.
彼らは,その職種に就くために相応の勉強をし,努力を重ね,誰もが持っていない技能,付加価値を持っています.

僕は正規雇用で給料をもらったことはありませんが,「働く」経験はしてきました.例えば,

  • 鉄筋加工工場
  • とんかつ屋さん
  • 披露宴の料理出し
  • 車の塗装工場の清掃
  • 家庭教師

などです.多くの人がアルバイトをした経験があると思うので,わかると思いますが,僕がしてきたこれらの職は1時間あたりの給料が決められています.せいぜい時給700円~2000円です.

アルバイトも先述した高収入職種も,働いた時間に比例して給料が決まるという「労働収入」になります.違うのは,職種に応じた1時間あたりの給料(価値)だけです.また,同じ職種でも,働いている場所(会社)によっても給料は変わってきます.

資産収入から給料を得る

時給の高い職種に就けば,給料が上がるのは当たり前です.医者や弁護士は,それだけ難しく,価値も高いので, 時給は高い .
しかし,給料を得る方法は「労働収入」だけではなく,高い給料を得る方法も時給の高い職種に就くことだけではありません.

資産収入とは

「労働収入」に対して,「資産収入」というものがあります.
株,不動産,ブログ,YouTube,物販の仕組み,会社のオーナーなどの資産から収入を得ることです.これらから得る収入は,時間に比例するものではありません.

たとえば,ブログは1記事に数時間かけて書いていますが,1時間あたりいくらかの収入を得るということは決まっていません.1円も得られないことだってありますし,1度書いて何度も読まれる良記事であれば,それに応じたお金が得られることもあります.時間に比例しないというのは,そういうことです.ブログやYouTubeのように,たくさん見られて,広告が表示されることで収入得ます.

なぜ最近ブログを書いているのか

僕が最近こうやってブログを書き始めたのも,資産から収入を得てみたいとおもったからです.
「給料をあげるには,自分の価値をあげるしかない」といったように,ブログで自分がもっているものを発信し,その価値や自分を試しているところです.
今のところほとんどお金にはなっていません.つまり,ほとんど記事を読まれておらず,記事に価値がないという現状ですが,記事を読んだ人が,少しでも何かを考え,いい影響を与えられればいいなと思っています.

株や不動産など,ある程度現金がないと始められないものもありますが,ブログは初期費用をほとんどかけることなく始めれます.自分が得意な分野(本業,趣味,熱中しているもの)について発信してみてはどうでしょうか?それが誰かにとって価値あるものとなり,収入を得るものになるかもしれませんよ?

ブログ以外にも

最近は,株も買い始めましたし,不動産投資についてもYouTubeや本で勉強しています.株は数十万から始められますが,不動産投資は数百万必要なので勉強しているだけです.

ブログや株,不動産といった資産収入からお金を得ることばかり考えていて,もはや趣味と言えそうなくらいです.
(株)TATERUの100株を購入
治験のバイト代16万でSHINPOの株を購入
不動産投資の勉強には「もふもふ不動産」っていうYouTubeチャンネルがおすすめです!

まとめ

給料は価値に比例しているのではないかという話でした.
給料上げるには価値を上げるしかない.
4月から社会人になりますが,給料をもらうことの意味を考えながら働いていきたいと思います.