なぜ俺は自称ブロガーをやってるんだ?w

私は自称ライターです。(笑)

ブロガーともいいますね。

気分が向いたときに、こうして記事を書いています。
今回は、なぜ私が記事を書くようになったのかを整理したいと思います。

  • 記事を書くようになったきっかけ
  • 記事を書いている目的
  • なぜ記事を書き続けるのか

「ライター」を知る

ライターとは、文字通りブログや記事を書く人です。

私が初めてライターとなったのは、2017年。3年前です。

インドの日系ベンチャー企業でインターシップを行った際、ライター業務を経験したことが始まりです。

日本人向けにインド留学の斡旋を行っている会社でした。

ライターとして、書いていた記事は、インドに関することであればなんでもです。

なぜ留学斡旋会社が、記事を書くのか。
それは、記事から本業の留学事業に誘導するためです。

たとえば、「インド ○○」で検索してヒットする記事を書きます。○○に関する話題がメインの記事ですが、記事の最後でインド留学への誘導を行います。
「インド ○○」で検索した人は、インド留学に興味があるとは限りません。
しかし、「インド ○○」で検索する人は、少なからずインドに興味がある人です。そういった潜在的な顧客を、本業であるインド留学事業の顧客として、取り込むことが、記事を書く目的になります。

このインドに関する記事を書くこと が、「インド留学」という商品のマーケティングの手法のひとつであり、私が初めて行ったライターとしての仕事でした。

キャリア系女性に特化!理解してくれる男性と出会える【キャリ婚】

記事の種類

では、今現在私は、この「いくらの記録」という到底イケてるとは思えないタイトルの自分専用のブログサイトを立ち上げて、記事を書いているわけですが、なにか宣伝したい商品があるのか?

インドでのインターン時代に書いていた時のように、「インド留学」のように、商品があるのか?

ありません。(笑)

強いて言えば、「自分」という商品です。(笑) 

(記事を書きながら今それっぽく浮かびましたw)

「自分」という商品を宣伝するため。

実際、これも記事を書いている理由の1つになるとは思います。

しかし、これは、元々自分のサイトで記事を書こうとしたときから、思っていたわけではありません。

きっかけは、インドでのインターンシップですが、当初記事を書こうと思ったのは、以下のような理由があります。

キャリア系女性に特化!理解してくれる男性と出会える【キャリ婚】

記事を書いている目的

  • アフィリエイト(広告)収入を得たい
  • 情報発信をして、他人の役に立ちたい
  • 自分の頭の中を整理して、記録しておきたい

そして、ここに新しく

  • 「自分」をアピールしたい

が追加されました(笑)

もともと大好きなお金儲けができないかなと思って始めましたね。
でも、まあそんなに簡単ではないわけです。
ブログを開設して、気づけばすでに3年も経ってましたが、アフィリエイトで発生した報酬は1000円いかないくらいです。
このブログで書いたのは、30記事くらいです。1記事30円くらいの価値でしょうか(笑)

なので、お金になることは、ほぼ諦めています(笑)

しかし、情報を発信するという行為は良いことも多いと思うので、ぼちぼち楽しみながら続けていればいいかなと思っています。

とにかく、継続することが目標です。

継続って大変

継続することは簡単ではありません。

なぜなら、「書く」という作業は非常に面倒くさいからです(笑)

毎日のように、ブログを更新している方々もいらっしゃいますが、本当にすごいと思いますし、尊敬します。

なぜ、そんなに継続できるのか。

ブロガーの皆さんに聞いてみたいです。

継続できるヒントがないか、気になるタイトルの本があったので、読んでみました。

『読みたいことを、書けばいい。』という著書です。

電通で24年間コピーライターとして働いていた方が書いた本です。

「書く」ということを本業としている人ですが、「書く」こと自体は、世界で一番いやなことというほどらしい。

自発的に文章を書きたいと思ったことは一度もないという。

しかし、働いている会社、部署の都合上、業務上の任務として依頼されてるから書いてるらしい。

それでも、24年間も「書く」仕事続けられたのは、自分が書いて、自分で読んで楽しむために書いているらしい。

自分を一番知っているのは自分だから、知らない読者を想像して書くよりも、自分を楽しませることは簡単。自分で自分を笑わせるために書いてると。

少々変わり者というか、変態なのかもしれないが、それが答えなのかな。

結局、どんなに綺麗ごとを言っても、「誰かのためではなく、自分ため」ということがキーでしょうね。

キャリア系女性に特化!理解してくれる男性と出会える【キャリ婚】

なぜ書き続けるのか

ブログを開設して、3年が経過しました。

更新頻度は、少ないにしても、こうして気が向いた時に記事を書いているのは、書いている自分が好きだから(笑)

読者の方に有益である記事をかければ一番いいのですが、読み手のためにと思ってがんばるのは苦しいので、気が向いたときに楽しみながら記事を書き続けていけらばいいと思います。

そして、ついでに有益な情報を届けることが理想ですね。

若いうちに読んでおきたいおすすめの自己啓発本3冊を紹介します

いきなり、おすすめの自己啓発本の紹介ってなんだよと思ったかもしれませんが、
最近購入した『サラリーマンこそプライベートカンパニーをつくりなさい』という本の中で、「好きなこと、趣味、特技でお金をもらいましょう」と書かれていました。

好きなこと、趣味、特技でお金をもらいたい!

では、どうやって、好きなこと、趣味、特技でお金をもらうのか?
以前の記事「ビジネスの基本は「感謝の対価をお金というカタチでいただくこと」」でも書いたように、お金をもらうことは、シンプルに「感謝の対価としていただくこと」です。

私は自己啓発本を読むことが好きなので、自分が読んでよかった!と思った本を皆さんに紹介したいと思います。(感謝されることであるかは怪しいですがw)

では、おすすめの自己啓発本3冊をランキングで紹介していきます。
ぜひ、皆さんにも読んでいただき、読んでよかったという気持ちを共有できればと思います。

詳しい内容までは、うまく紹介できないので、動画などで簡単に理解してもらえばいいかなと思います。

第3位 『7つの習慣』

1つ目は、「7つの習慣」です。
成功するための原則は、タイトル通り「7つの習慣」を実践することにあるということが書かれています。
成功したい!と思う人はぜひ読んでみてください!
詳しい各習慣の内容については、動画をご覧ください。(笑)

第2位 『嫌われる勇気』

「世の中の悩みはすべて人間関係によるものである」という考え方、哲学について書かれています。

人間関係による問題を解決出来れば、悩みはすべて無くなる。と断言しています。
人間関係って、鬱陶しく感じることも多いと思います。

人間、この世界に生きている以上は1人で生きていくことはできず、何かと他人が関わってきて、鬱陶しいですよね(笑)

この本では、人間関係をうまくやっていくコツ、考え方について書かれています。

アドラー心理学をもとに、哲学チックな内容ですが、そんなに堅苦しい内容というわけではないので、読みやすいと思います。

日本で書かれた本ですが、世界中で翻訳されて人気のようです。

自分も悩んだり迷ったりしたときは、この考え方を思い出す習慣が身に付きました。本当に役立つ考え方だなと思ったので、できるだけ若いうちにぜひ読んでみてください。

ここでも詳しい内容については書きませんが、興味のある方は、まずは動画をご覧になってもいいと思います。

第1位 『金持ち父さん貧乏父さん』

この本を自己啓発本のジャンルとしていいのかは微妙ですが、マネーリテラシーに関する自己啓発本という感じです。

みんなお金持ちになりたいと思います。

お金持ちになりたいなら、ぜひ読むべきです。

お金持ちは考え方から違うということがよく分かります。

自分もこの本を読んで、このままじゃ一生貧乏だ。変わらなければ。行動しなければと思わされました。

こちらもかなり名著です。

お金に関する考え方を変えてくれた一冊。

ぜひ読んでみてください。

モチベーションが向上すること、間違いなしです。

学校や親が教えてくれない、お金持ちなら当たり前に知っている考え方を学べます。

自分も同世代の友人からおすすめされて読みましたが、本を教えてくれた友人に感謝しています。
若いうちに、この本の考え方を知ってよかったなと思えました。

みなさんも共感できると思います。

この本の考え方を行動に移すことが一番大切で、難しいことかも知れませんが、
まずは「知る」ことが第一歩だと思うので、ぜひ、一読してみることをお勧めします。

こちらも動画を一緒に紹介します。

最後に

今回は、私がおすすめする自己啓発本を紹介しました。
内容については、詳しく説明しませんでしたが、本の存在だけでも知ってもらって、本を読むきっかけになり、人生がより良くなる手助けになればと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ビジネスの基本は「感謝の対価をお金というカタチでいただくこと」

コロナ禍中の個人的激動

久しぶりの投稿です(笑)
少々かたいタイトルですが、お許しください。できるだけ多くの方の目に留まるようにと試行錯誤中です。
最近の一番最新の投稿が2月でしたので、だいぶサボっていたことになりますが、
丁度この2月くらいから日本はコロナ騒動で、大きな変化がありましたね。

そんな中、個人的にも、2月から今月までの5か月間中でいろいろありました。
まず、3月入籍しました。(ついでに、奥さん現在妊娠中!ついでに言うことではないかもしれないけど笑)
4月中旬頃から現在までテレワーク。
コロナ恐慌で暴落していた日系株を買い、 4月くらいに10万ほどキャピタルゲインをゲット。(なお、その後新たに買い増した株で絶賛含み損増大中w)
6月?太陽光発電事業を始めてみたいと思い、太陽光発電投資家の方々とZoom飲み会に参加。開業届を提出。
7月。早速太陽光発電所施工事業者に連絡し、電力会社への事前検討申込中。

という感じで、コロナ騒動の中、個人的にも変化が多かったな~と思うところです(笑)

久々投稿の理由

近況については、この辺にして、久しぶりにこんな風に記事を投稿したのは、
今日読んだ本でモチベーションが上がったからです。

「継続は力なり」とはよく言いますが、これが本当に大変で、ブログを継続して投稿している人など本当に尊敬します。私はすぐに飽きては、またやる気を出して、を繰り返してという感じなので。。(笑)まあ、誰も文句言わないでしょうが(笑)

ということで、モチベーションを上げてくれた本がこちら。
『サラリーマンこそプライベートカンパニーをつくりなさい』です。

しっかりアフィリエイト貼っておきます(笑)

本の概要

元銀行員の著者が 発達障害を患いながらも、 20代の時に独立を試みる中での失敗から、一般的にいうところのお金持ちになった経験、お金持ちになるための気持ちの持ち様であったり、ノウハウを共有されています。

プライベートカンパニーをつくりなさいと言うだけあり、奥さんが専業主婦のサラリーマンも、共働きの夫婦であっても会社を作ることで、いろんなメリットがあるということが書かれてるようです。ようです、と言っているのは、実はまだあまり深く読めていないからです(笑)

感想

ですが、じゃあなんでこんな記事を書いているかというと、本の中で述べられていたある考え方に感動して、共有したいと思ったからです。

その考え方とは、ビジネスの中で「お金をいただくということは、感謝をかたちとしていただくこと」である。というところです。

つまり、お金をいただくためには、感謝をされなくてはいけないということです。当たり前のようですが、ビジネスがうまくいくかどうかの肝であり、今の自分はそういった行動ができていなので、お金をいただくに値しないのだと腑に落ちました。

ということで、非常に単純ではありますが、少しでも誰かの役に立たないかなと思って、久々に記事を書いております。

本の中で、感謝されることっていうのは、そんなに難しいことをする必要もないと、書かれています。しょうもない失敗話などの中にも誰かにとっては、役に立つこともあると。

私はお金が欲しいのでw(もちろんお金だけを追い求めても、幸せになれるとは思っていないが笑)これから、人の役に立つ、感謝されることは何かを常に考える習慣を身につけていこうと思った一日でした。

また、各章の冒頭が漫画になっていて、活字が苦手な方でも、漫画の先を読みたくなるような工夫がされていて、構成が読みやすくていいなと思いました。

今日行った蔦屋書店で30分くらい読んだだけで、内容すべてに目を通せたわけではありませんが、自宅でゆっくり読みたいと思い、私自身ラクマで購入しましたので、数日後に届くと思います。

しっかり本を読んだ後で、この記事に肉付けをできればいいなと思いますが、とにかく何か行動したい気持ちにさせられたので、とりあえずでも一早く本を紹介して、1人でも本のことを知ってもらえればいいなという思いで記事を書いています。(あくまでも個人的な感想なので、一参考になればという思いです。)

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

成功の秘訣は「他人を幸せにすること」~『夢をかなえるゾウ』を読んだ学び~

『夢をかなえるゾウ』は成功したいと考えている少年のためにヒンドゥー教の三大神の1柱であるガネーシャが1日1つ少年に課題を出し、「成功するには」ということを物語風に伝えている本である。

私はその1つ1つの課題を忘れたくないとおもったので、定期的に読み返せるようにポイント、自分が感じたことを記録しておこうと思う。

この本で最も言いたいことは「人を幸せにする」ことが成功の秘訣である。

くつを磨く

「身なりは足元から」とよく言うが、ここでは、ファッション的に「きちんとした靴をはく」、「靴をきれいにする」という意味ではない。
靴は頑張って自分の体重を支えてくれている身近なもののひとつである。

人間は最も自分に身近な存在をそっちのけで、遠い存在のものに敬意を示すことがよくある。
親などがその例である。最も身近な存在に最も敬意を払うことを忘れてはならない。

コンビニでお釣りを募金する

ある本でも、「お金はたくさんの人に喜ばれるお金の使い方をする財布に流れていく」と書かれていた。
お金はギャンブルにお金を使う人よりも、人のためにお金を使う人の財布を好むらしい。

成功するためには、人から応援される、人から喜ばれる人でなければならない。

お金やサービスは人から頂くものである。

もっとお金が欲しい!成功したい!と自分のことだけで精一杯な状態では、お金持ちにも成功者にもなれない。
自分が満たされていて、他の人に分け与えられる余裕があって初めて、成功できる。

コンビニででたお釣りを「どうか誰かのために役立ちますように」と思い募金をする。
金額ではなく、気持ちが大事。余裕が大事。

会った人を笑わせる


面白い人と会話してたら、こっちまで楽しい気持ちになるという経験は誰しもあると思う。一緒にいて楽しくなる人と一緒にいたいと思うのが普通の人間であれば思うことである。自分が「一緒にいて楽しい人」になれるか。

無理に人を笑わせようとしても最初は失敗するだけやから、そんなに無理はしなくてもいい。

まずは自分があなたいて楽しい、うれしいと思いながら会話すれば、おのずと笑いが生まれる

気分は伝染する。人から喜ばれる存在になる。

トイレをきれいにする

『ありがとうの神様』っていう本でも、
トイレをブラシで磨けば、年収に0がひとつ増える。
トイレを素手で磨けば、年収に0がふたつ増える。
トイレを爪でこさぐように磨けば、年収に0がみっつ増える。
って書いてたな。

なぜトイレ掃除が大事なのか。
トイレ掃除は誰もやりたがらない。人がやりたがらないことをやることが一番喜ばれるから。
一番やりたくないことを一番人に頼みたいから、そこに一番価値が生まれる。

反応に生きないこと

世の中のほとんどの人は反応に生きている。
自分で考えて計画を立てて、その計画どうりになるように世の中に働きかけていく。

「自由に使える一番大切な時間」を大切にする。
時間は平等に与えられたものであり、有限である。
大切な時間をどう使うかを自分自身でしっかり選択する。

自分が「楽しい」と思うことを知る


人間はやりたいと思ったことしか続かないようにできている。
無理して、やりたくないことをがんばっても、続かない。
努力することを目的にしても、続かない。

毎日、一日の中で頑張ったことを1つ思い出して、自分をほめよう。
頑張れなかったことを思い出して、自分を責めるのではなく。
頑張ったり、成長したりすることが「楽しい」ことってことを知ろう。

何をやめてみる

「今の自分を変えたい。」「このままでは嫌だ。」なんて思ったときにたいていの人は何か始めようする。
逆に、何かをやめてみよう。何かやめた時間でできることを考え、貴重で有限な時間を自分のために使うことを常に心がける。

決めたことをやらなくてはならない環境をつくる

何かをやめた時間で今度は何かを始めようと決める。

しかし、人間は意識を変えることはできない。人間の意思はかなり弱い。

「今日から毎日ランニングをする」と決めるだけでは、やりきれない。やらなければならない環境をつくることが大事である。

本気で変わろうと思うなら、意識を変えてもだめ。具体的な何かを変えないといけない。

運がいいと口に出して言う


マザーテレサの名言にも
「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」
とあります。

幸運なことでも、不幸なことでも、自分に起きた出来事から何かを学ぼうと考えだし、自然の法則を学んでいく。

明日の準備をする

一流の人は常に結果を出すから一流である。
結果を出すためには常に入念な準備が必要である。
なんとかなる。で終わらせない。

誰かのいいところを褒める

成功したいなら、誰かに助けてもらわないと無理。
褒める=人間関係がうまくいく、程度の認識では根本を間違っている。

人は自分の自尊心を満たしてくれる人のところへ集まる。
褒める=認める(相手の自尊心を満たす)

やらずに後悔していることを今日から始める

みんなやりたいことをやって後悔しないような人生を送った方が幸せになれるって知っている。

あなたのやりたいことは何ですか?
「やりたいことがわからない。ずっと考えている。」そういった人は多いのと思う。
自分もそうだから。「自分は何がしたいんだ。」と自分に問うことがよくある。

しかし、この本によれば、そういった人たちはいつまでたっても自分のやりたいことをみつけられずに、人生が終わる。
小学生のころ、「やりたいことがみつからない。」なんて悩んでいたのでしょうか?そんな人ほとんどいない。
あのころは、ただ単純に楽しいことをやり、つまらんと思うものはやらないことが多かった。

やりたいことをみつける方法は体感すること。
「やりたいことがわからないと言っている人の99%は何もやっていない人である。」と本のなかで言っている。
何かをはじめるきっかけはなんでもいい。

でも、収入、世間体、不安が障害となる。人を縛っている鎖はみんな同じ。
今まで無理だったら、これからも無理。変えるなら「今」。

これはかなり自分に当てはめても痛感する。。

サービスとして夢を語る


自分勝手な夢を語ってもだれも喜ばず、サービスにならない。
みんなが自分の夢の話を聴くのは楽しいと思えることが理想である。

たくさんの人が聞きたい夢とは、世の中がそれが実現されることを望んでいるもの。
そしたら、その夢はたくさんの人が応援してくれ、実現が簡単になる。

人の成功をサポートする

自分の夢をかなえることが同時に人の夢をかなえることになればみんなが応援してくれる。
そういう夢を思い描くためには、人のもっている欲や夢に注目していなければならない。
人がやりたいこと、人がもっている夢、人がどうなったら幸せと感じるのか、そのことを考えていけば、成功はすぐそこである。

応募する

本当に人生を変えようと思うなら、自分の想像をこえるような劇的な変化が必要である。
一番効果が期待できるのは「誰かに才能を認められること」である。

そのために、「応募すること」である。
自分の才能が評価される場に応募すること、評価されて、自分の才能がないと評価されるのは誰でも怖い。
しかし、世の中にはたくさんの仕事があり、評価する人もたくさんいる。確かに、簡単に自分の才能が見出されないかもしれない。
それでも、可能性のあるところにどんどん応募すればいい。応募には奇跡を起こす力がある。

毎日、感謝する


自分の中で何か足りないと思っていることに対して、それを何かで埋めようとするのではなく、自分は十分満たされていて幸せだから、他人の中に足りないことをみつけ、そこに愛を注いであげる。
この状態になってこそ、自分が欲しいと思っていた、お金、名声、それらのすべてが自然な形で手に入る。

お金も名声も地位も、自分で手に入れているのではなく、他人が自分に与えている物なのだから。

その他

・食事を腹八分で抑える。
自分で自分をコントロールする。

・人が欲しがっているものを先取りする。
ビジネスとは人が困っていることを解決するサービスを提供し、その対価を頂くこと。
ビジネスが得意な人は、相手の欲を満たすのが得意な人である。
人の欲しい物、望んでいる物を見抜ける人は事業に成功する。
上司の欲が分かっている人は、いち早く出世できる。

・毎朝、全身鏡を見て身なりを整える。
中身を変えることは難しいが、外見を変えることは簡単である。
服装が変わり、自分に自信の持てる服を身につければ、行動も言動も変わっていく。
当たり前のことのようだが、他人が不愉快に感じない身だしなみを整えることは最低限のマナーである。

・自分が一番得意なことを人に聞く。
自分の仕事が価値を生んでいるのかを評価するのはお客さんである他人である。

・自分が苦手なことを人に聞く。
長所の反対には短所があり、それらのもっている性質は裏と表になっている。

・夢を楽しく想像する。
何事も続けるためには楽しくないとできない。仕事は楽しいと思えないとだめだと思う。

・ただでもらう。
どんに小さいことでも、ただでもらうことを意識してみると、自分のコミュニケーションが変わってくる。
言い方、仕草ひとつとっても気遣うようになる。

まとめ

「人を幸せにする」それがこの本で書かれていることの全てであると思う。
たくさんの人を幸せにしているから、その分、みんなから喜ばれ、認められ、お金が払われる。
どれだけの人を幸せにできるか。そのことにどれだけ喜びを見いだせるか。それこそが成功の秘訣である。

ただし、成功だけが人生じゃない。死ぬほど幸福な日も、笑えるくらい不幸な日も、世界を閉じたくなるようなつらい日も、涙がでるような美しい景色も、全部自分らが味わえるために、世界を創った。

「世界を楽しんで、心ゆくまで。」

是非一度、本を手に取ってみてください。新しい発見があるかもしれません。